会社紹介

当社はお客様に喜んでいただくため、全力で良い仕事をします。

良い仕事を通し当社に関わる人を幸せにします。

本田社長
伊藤硝子株式会社
代表取締役 本田英修

建築物や車輌には、人・物・熱・光・音などが出入りする開口が存在します。その開口には必ず枠があり、そしてガラス・樹脂・パネル・金物などで境をつくっております。

当社は開口に使用されるガラス・樹脂・住宅建材・ビル建材・パネル・金物など幅広く取り扱っております。メーカーの代理店を担い、開口のプロフェッショナルとしてお客様に適切な商品を提案し、販売しております。

また施工にも力を入れており、良い仕事をする事を目指し、日々何か良い施工方法はないか、もっと良いアイディアはないか、向上心を持って仕事をしております。

仕事を通し当社に関わる全ての人から「良い仕事だった」「良い人にやってもらった」と言っていただけるように努力してまいります。そして当社に一番関わっている社員が幸せになることを切に願っております。

本社外観
社名 伊藤硝子株式会社
所在地 〒456-0043
愛知県名古屋市熱田区神戸町303
Tel/Fax Tel: 052-681-1831 / Fax: 052-671-0359
設立 明治20年
資本金 1,000万円
代表者名 本田英修(ほんだ・ひでのぶ)
従業員数 27名
事業内容 ガラス・サッシの加工・卸売・施工
営業時間 8:30~17:30(日祝日休、土曜日は当番制)
資格 弊社スタッフ有資格者
  • ガラス施工一級技能士(厚生労働大臣)11名
  • ガラス施工二級技能士(愛知県知事)1名
  • サッシ施工一級技能士(厚生労働大臣)2名
  • 登録硝子基幹技能士 3名

職長・安全衛生責任者教育・玉掛技能講習・高所作業車運転技能講習・足場の組立等作業主任者・小型移動式クレーン運転技能講習・ゴンドラ特別教育・アーク溶接特別教育・ガス溶接・住宅断熱施工技術者 他

トヨタ自動車安全衛生協力会特別教育:高所作業・感電防止

許可建設業の種類:ガラス・建具工事

 
明治20年 熱田区須賀町にて創業(代表者:伊藤徳次郎)
大正11年 合資会社伊藤商店を設立(代表者:本田亀次郎)
昭和2年 日本板硝子株式会社の特約店となる
昭和16年
区画整理により現在地(熱田区神戸町303)に移転

※写真:昭和22年頃に使用していた当時の看板 (平成30年撮影)

合資会社伊藤商店の看板
昭和30年 社長:本田昭二
昭和32年 本社新社屋完成 新年を迎え、日本板硝子からの初荷を積んだトラックとともに集合写真。全員で熱田神宮へ参拝後、各問屋へ配送しました。
昭和37年 工事中の新社屋前にて
本社新社屋完成(1階事務所及び倉庫)
写真は完成目前の新社屋玄関前にて。左の子供は現社長:本田英修(当時6歳)
昭和39年 昭和39年、伊藤硝子事務所前(伏見通)
事務所前(伏見通)をバックに、現相談役と故専務の兄弟写真。
左側は旧熱田警察署
昭和40年 本社新社屋(2階部分)及び第1工場完成
本社新社屋完成
昭和47年 合資会社設立満50周年を期して組織変更
伊藤硝子株式会社となる
昭和51年 第2工場完成
昭和54年 アルミサッシ:スミサッシから三協アルミに切替
昭和62年 創立100周年
昭和63年 第3工場・第4工場完成
平成元年 事務所拡張の為社屋改修
平成4年 株式会社イトーテクノ設立
代表取締役 本田昭二就任
平成6年 本田督明 伊藤硝子株式会社 代表取締役に就任
本田昭二 取締役会長に就任
平成7年 本田英修 株式会社イトーテクノ代表取締役に就任
平成23年 本田英修 伊藤硝子株式会社 代表取締役に就任
本田督明 会長に就任
本田昭二 相談役に就任
平成29年 創立130周年を迎える

Access

地下鉄名城線『伝馬町』徒歩5分
名鉄『神宮前』徒歩10分
駐車場あり
í
up